妊娠妊活

夫婦で妊活・不妊を克服するためのマカサプリ比較ランキング > 年齢による不妊の原因・対処策 > 妊娠を求めるご夫婦の年代別による原因・対処策について

年齢による不妊の原因・対処策

妊娠を求めるご夫婦の年代別による原因・対処策について

おもちゃで遊ぶ赤ちゃんの手

いい加減そろそろ赤ちゃんが欲しい。「妊娠したい」と思ったときが妊活の一番良いタイミンです。この記事では妊娠を求めるご夫婦の年代別による不妊の現状や対処策について詳細に説明しています。不妊の原因・対処策はご夫婦で共に学び進めていくべきです。

1.不妊とは一体なんでしょうか

不妊の原因について背説明する医者

不妊症という言葉はよく耳にしますよね。不妊とは一体なんでしょうか? それは結婚してからご夫婦で1年間性生活を行っているにも関わらず妊娠しない場合を不妊と言います。避妊をせずに1年経っても子供ができなければ不妊症ということになります。もし、夫婦生活をずっと営んできている中で「結婚して3年たちますが子供を授かりません」という状態であれば不妊症の確率が高いということになります。

2.不妊症の原因は双方に

不妊の原因は片方だけではなく夫婦の問題

不妊の原因は男性側、女性側の片方か、あるいはその双方にあります。一般的には赤ちゃんができない不妊症の原因の3割は男性に、5割が女性となり、その他の原因が2割と言われています。ほとんどの不妊症は原因が1つではなく複数の原因が複雑に絡み合って不妊という症状が形成されています。

2−1.男性が原因のケース

男性の不妊症の原因のほとんどが精子の数が少ない。または元気ではない場合。極希に無精子症があります。

2−2.女性が原因のケース

女性の不妊症の原因は排卵障害、卵管障害、子宮着床障害、頚管障害、子宮内膜症、年齢因子によるものなど不妊原因は多種多様です。

3.妊娠したいのに妊娠できない

妊娠してお腹の中にいる赤ちゃんを大切そうに感じる女性

あなたはパートナーと出会い恋から愛へと育て夫婦となりました。赤ちゃんが欲しいと願い避妊をしない性生活を送ってきた場合、通常80%のご夫婦は1年以内に妊娠し、90%のご夫婦は2年以内に妊娠します。それゆえ、1年間以上経過しているのにコウノトリが訪れない状態であれば何らかの妊娠しにくい原因が隠れている可能性があります。それが不妊症ということになります。

4.年代別の病院選びについて知っておこう

病院・専門医院

4−1.20代〜30代前半のご夫婦

妊娠・妊活を成功させるには自分たち夫婦の状況を確認することからはじまります。ご夫婦ともに20代〜30代前半の場合には妊娠適齢期まっただ中です。避妊をしない性生活を送ることで80%〜90%近くが妊娠します。ですから、この年齢の方の不妊治療は少し早いと言えるかもしれません。マカサプリメントや妊活をサポートする食事療法などを摂られるのが良いです。

4−2.妻の年齢が30代後半の場合

妊娠適齢期とは言えませんが、まだ遠くはありません。男性の精子は毎日作り変えられていますが、女性の年齢は妊娠、出産に大いに関わってきます。卵の数が減少することにより質の低下が起こります。避妊をしない性生活をしながら1年間妊娠できていない場合は一度、病院へ検査へ訪れてください。妊娠しやすい身体つくりのためにもマカサプリメントは効果を発揮します。

4−3.妻の年齢が40代の場合

子供を望まれている40代の方はたくさんいます。しかし、妊娠適齢期とは言えません。妊娠については個人差が大変大きく出ます。40代になっても問題なく妊娠・出産できる方もいれば難しい方もいます。不妊治療は高額ですが、どうしても赤ちゃんが欲しいと望まれる場合には専門医で検査を受けてみると良いです。

5.40歳を過ぎると妊娠は難しくなり閉経へ

40代近くになり悩んでいる女性

女性の身体は年齢を躊躇に現します。40歳前後になると卵子の質は低下してしまうのです。すると妊娠しづらくなっていきます。40代前半頃には月経はあるももの卵子がきちんと育たず排卵しない月経周期が少しずつ増えてきます。同時に妊娠の確率が低下していくのです。50歳までの10年間、こうした状態が続き多くの女性の場合、50歳頃になると月経が完全に止まり閉経を迎えます。

最後に

妊活とは妊娠について正しい知識を身に付けることからはじまります。ご夫婦でお互いの身体や状態を理解し妊娠するために前向きに活動することを言います。不安な気持ちや少しの希望など様々な葛藤があるはずです。しかし、年齢によるタイムリミットが控えてますから、1日でも早く妊活を始めることが、「妊娠しやすい体づくりになる」と言えます。

>>【研究論文】不妊に悩むご夫婦にはマカサプリメントが効果的